エントリー上部画像


皮膚の加齢による変化は避けられないからです。

ほくろがの中や足の裏などできにくい箇所に発症したとき、医者から切除をすすめられるのは、メラノーマといった悪性の腫瘍の前身であるときが多いからです。

メラノーマは良く知られた皮膚癌ですが、発症率は肌の色が濃いほどかかりにくく、日本人の発症率はそれほど高くないのが現状です。

ですが、オゾン層の破壊による紫外線の増加が影響して、高齢化とも相まって発症者が少しずつ増えてきていることも事実です。

過剰な紫外線は避けるようにしたほうが、ほくろにも良いようです。
  1. 美容と健康
  2. トラックバック(-)
  3. コメント(-)
エントリー下部画像
 |